シングルマザー向けの

交流が盛んなシェアハウスを選ぶと自分の視野が広がって行きます。特に最近都内で増えてきたのがシングルマザーの多いシェアハウスなどがあります。シングルマザーの方の場合には、どうしても相談できる友達が少なくなってしまう傾向があります。小さなお子様の場合には、家に置いて飲みに行く事もできませんし、子供のために貯金したいという方も多いので、オシャレなお店で食事をしたり、ブランド品などを購入する事ができないので、子供のいない方との遊びをはじめとする生活のレベルを合わせる事ができません。もちろん、子供のいない方にとってはそんな事は気にしないかも知れませんが、シングルマザーの方が気にしてしまうのです。

シングルマザーの方が集まっているシェアハウスの場合には、子育てに有益な情報をしっかりと聞く事ができます。特にシングルマザーの方の場合には、仕事と子育てで手一杯になってしまっている方も多いので、一緒に住んでいる所に頼りになるシングルマザーの方がいるというのは本当に心強いと思います。特に子供の年齢が自分の子供よりも年齢が上の子供のいるシングルマザーの方がいるような所はアドバイスを聞く事ができますのでシングルマザー向けのシェアハウスの人気があります。

異国間交流を目的として

シェアハウスの中でも特に人気となっているのが、日本人以外の方が多く住んでいるシェアハウスです。外国人の割合が50パーセントを超えるボーダレスハウスが大人気となっております。このようなボーダレスハウスに関しては、住人の国籍が偏らないように大家さんの方で調整しております。若い方に人気となっているのが、語学留学ですが、日本にいながら語学留学をする事ができるといったメリットもあります。

また、外国の方が多いと言う事は、言語だけでなく文化なども違いがあります。特に欧米系の外国人が多い場合には、ホームパーティが度々行われています。誰かの誕生日であったり、ハロウィンであったり、クリスマスであったりと一年を通じてまんべんなくパーティが行われます。毎週末にパーティがあるような交流が盛んなシェアハウスなどもありますので、交流をしたいと考えている方にとってはかなりおすすめです。

しかし、文化の違いというものは、時に衝突をもたらします。疲れている時に日本人だったら守れている筈のマナーが守れていなくてイライラするようなケースがあるかも知れませんが、そういった衝突からより仲良くなるケースもありますので、文化の違いを楽しめる方におすすめです。

【関連サイト】DK HOUSE / 国際交流可能なシェアハウス

シェアハウスとは

最近ブームになっているシェアハウスには、本当に色々なコンセプトを持ったシェアハウスが存在しております。そもそもシェアハウスの定義というものは、お風呂、トイレ、キッチン、リビングなどの共有スペースを共有しているタイプの賃貸物件になっており、居住者は、それぞれの部屋でプライバシーを確保しながら、共有スペースを使って他の住人とコミュニケーションを取りながら生活して行く事になります。

生活の基盤となるバス、トイレ、キッチン、リビングなどを共有にする事によって、自然と交流が図れるようになっております。都市部では会社に拘束されている時間が長くなっておりますので、会社の人以外との交流を図る事が難しくなっておりますので、孤独を感じやすい傾向にあります。しかし、シェアハウスでしたら、会社の人以外とも自然と会話をする事ができますので、孤独を感じにくくなります。最近では減ってきましたが、昭和の時代にあった下宿などのイメージに近いかも知れません。

シェアハウスには、そういった交流を求めて入居される方も多いのですが、シェアハウスによっては、在籍している人も少ないですし、間取りなどによって交流しにくいタイプのシェアハウスも存在しております。そこでこちらでは、交流が盛んなシェアハウスを選ぶために重要なポイントなどについてご紹介します。これからシェアハウスで生活を始めようと思っている方にとって有益な情報をまとめてみましたので、ぜひチェックしてみてください。